収益物件で経営を成功させるコツ|初心者でも安心買取法

眼鏡の男性

家賃収入を得るには

室内

海外赴任や転勤などで、長期間にわたってマイホームを使わない場合には、マイホームを第三者に賃貸すると、家賃収入を得ることができる。マイホームを賃貸に供して家賃収入を得る方法をリロケーションと言う。リロケーションをするとマイホームが収益源になり、安定した副収入が得られる。家賃収入を住宅ローンの返済に充当することも可能で、住宅ローンの返済の負担が軽減される。リロケーションは空き家対策にもなり、マイホームの劣化を抑えることにもつながる。リロケーションをするには、賃貸管理の代行を不動産業者に委託することが必要になる。不動産業者に賃貸管理を任せると、家賃の徴収や家屋の修繕などの管理業務を全て代行してもらえる。

マイホームを持っている人がリロケーションをすると、安定した家賃収入を得ることができる。リロケーションは、2000年3月1日に施行された定期借家権に基づく短期間の賃貸借契約である。マイホームを持っている人が海外への転勤などで日本を離れる場合、リロケーションをするとマイホームを手放さずに済む。日本を離れている間だけ他人に貸し、日本に戻ってきた時には再びマイホームで暮らすことができる。リロケーションをすることのメリットは、家賃収入を毎月受け取れることである。リロケーションをすることは、マイホームの有効活用につながり、安定した収益を得られる。リロケーションをするには、不動産業者に相談することが必要である。